タマホーム 紹介制度

タマホームの紹介制度をご存知ですか?

今回は、このタマホームの紹介制度を中心に解説したいと思います。

◇◇ もくじ ◇◇ 

■タマホームの顧客データの収集方法
■タマホームの紹介制度
■3000円のクオカードで満足ですか??
■紹介制度ってどうやうすればいいの??
■まだ何も決まっていないという方へ



タマホームの営業方法として、顧客候補者の情報を収集してデータベース化しています。

このデータをもとにDMの送付などの営業をしますが、これはタマホームに限った話ではなく基本的に、他のハウスメーカーも同じことをやっていると思ってよいでしょう。

その顧客候補者の情報を入手する方法としては、

1)展示場や営業店に来たお客さんに住所や名前を書いてもらって収集(登録)する方法

初めて展示場を訪ねた時などに「アンケートにご記入お願いします。」みたいな感じで名前や住所など顧客候補となるリストの掲載に必要な情報の記入を求められます。


2)ネットなどを通じて資料を請求してもらい住所や名前を収集(登録)する方法

展示場の来場予約や見学会に来場するとクオカード〇〇〇〇円分を謹呈!というような感じで、その申し込みの際に名前や住所など顧客候補となるリストの掲載に必要な情報の提供するケースなどがあげられます。


3)タマホームオーナー(タマホームで建てた施主)に紹介してもらい収集(登録)する方法

詳細は後述します。


などいくつかの方法があります。



前述したこの3)のことを「紹介制度」と言っています。

実は、この1)と2)は、タマホーム側にとっては、とても効率の良い営業ですが、購入する施主側にとっては、すごく勿体ない話なんです。

referral-system_1

referral-system_2

※勿体ないというだけで制度を否定するものではありませんので語弊の無いようにお願いします。



では、なぜ勿体ないのか。

前述した情報収取方法のうち1)と2)などは、特典が全く無いか、あっても3,000円(キャンペーンの時は5,000円など)のクオカードが貰える程度です。

だけど3)の紹介制度を使うと、紹介料として紹介された人になんと5万円のお祝いがでるのです。
referral-system_3

紹介制度を使って、5万円のお祝いをゲットするには、紹介されただけではだめで、紹介の後、着工・引き渡しが条件となります。

なので、ネットやキャンペーンで申し込むと、3,000円のクオカードが貰える程度なのでちょっとしたオプション契約1つ分くらいの機会損失している感じになってしまいます。
referral-system_4

ちなみにタマホームの5万円前後のオプションとなると、窓を1カ所追加するとか収納を1カ所増やすとか色々なことができてしまいます。

と、なればなるべく紹介制度を是非活用しましょう!



 他のハウスメーカーさんでも多少内容は異なるものの紹介制度をやっているところがあります。

タマホームについても勿論やっている訳ですが、その方法は


タマホームオーナー(タマホームで建てた施主)に紹介してもらうだけです。


タマホームにしようか迷っている方で誰か知り合いのタマホームオーナーがいるならば取り敢えず紹介しておいてもらうことをお勧めします。

登録自体は無料ですし、一度登録されればずっとその登録が有効で、仮に紹介を受けた場合でもタマホームを使わなければならないということではないので、取り敢えず紹介で登録しておくことをお勧めします。

タマホームに関して言えば知人に紹介者がいないときは、筆者が紹介者になることも可能です。

なお、すでにネットやキャンペーンで申し込んでしまったという場合、基本的には同一人物では対象外です。

が、夫婦などの場合であれば、まだ登録していない配偶者の方の名前を使うという手もあります。

ただし、建築後の所有権やローンの手続きに影響しますので、配偶者の方の名前を使う場合には、色々と確認が必要になります。


紹介制度をご希望の方は、送信フォームツイッターのDMからご連絡ください。

【送信フォームに行く!】 

【ツイッターを覗いてみる!】    


なお、私からの紹介制度を利用された方には、どこまで役に立てるのかはわかりませんが、可能な限りの相談やアドバイス対応をさせていただいております。

もちろん、紹介制度を利用されていない方、タマホーム以外の方でもブログ読者の方には、不安なことや不明なことがあれば気軽に質問して頂いてOKです。

実際にSNSやメールなどで多くの質問や相談を頂いています。

その一部については、質問者様の許可を得て記事にさせていただいています。

こちらからどうぞ。





別の記事でも書いていますが、実は、何も決まっていない状態でフラッと展示場などに立ち寄ると、その場で名前、住所などを書かされて、そのまま、そのハウスメーカーで契約までしてしまうというケースが多いのが現状です。

関連記事:


展示場を何件もまわるのは大変ですし、なかなか飛び込みで展示場に入り難いという方は、ネットなどの資料請求によって情報を収集するのもアリだと思います。


そんなときは、主要なハウスメーカーから自分の条件にあった会社を選んでもらいましょう。


ハウスメーカーに要望、希望に基づいた家づくりに必要な「間取りプラン」「資金計画」「土地探し」を無料で提案してもらえるサービスがありますので、こういったサービスを使うのもありですね。



このサービスは、筆者の推すタマホームなどのローコスト住宅から、ハイクラスな大手ハウスメーカー28社から提案が受けられますので、幅広いニーズに対応しています。

referral-system\_5

本来であれば一生に一度の大きな買い物という方が多いと思われる住宅取得ですので、実際に足を運んで自分の目と耳で最低でも数社は観て、感じて、聞いて検討してほしいと思っています。

実際に我が家をタマホームで建てるまでには、色々な紆余曲折がありました。

最終的にタマホームに決めるまでは何社も足を運んで納得いくまで確認しました。

そんなやりとりの中から最終的には3社に絞り込みタマホームに決定した過程をブログの中でも書いていますので参考にしていた頂ければと思います。

こちらからどうぞ。


情報はタダでいくらでも入手できる時代です。

可能な限り実体験と専門的知識に基づいたアドバイスも入れつつブログを書いていますので、マイホームの取得がより良いものになるように願いつつ参考になるような情報を発信していきたいと思います。

タマホームで建てた我が家の建築備忘録についてもまとめていますので興味のある方はこちらからどうぞ。


でわでわ、よい家づくりを。




続きはこちらからどうぞ!




前回の記事はこちらからどうぞ!