コンセントの位置や数


◇◆ もくじ ◆◇ 

■コンセントの位置や数の正解は人それぞれ違う
■付けて良かった位置(場所)
■コンセントについて思う事
■コンセントの話まとめ




今回はコンセントの位置について書いていきたいと思いますが、そもそもコンセントってその家を使ってみてからでないと意外と付けたことが正解だったのか不正解だったのかわからないものだと思っています。

特に最近では、スマートフォンやパソコンなどで充電を必要とする家電を複数台同時に使うということもめずらしくありません。

そんな中において家づくりの中でコンセントの位置と数については、かかる費用の割に利便性に大きく影響をあたえるウエートの大きいところになりますのでまだこれから計画する方、または計画中の方には参考にしていただけるのではないかと思います。

また、コンセントは施工後の増設なども可能ですし、差し込み口数の変更などは簡易にできますので場合によっては、住み始めてからの対応も可能だと思います。

(※実際の電気工事については有資格者でないと行えませんので注意しましょう。)

そんなことを踏まえつつも可能な限り間取りを決める段階で可能な限りコンセントの位置や数を適切に考えておくに越したことはありませんので我が家の付けてよかったと思われる場所の例と余計に付けすぎてあまり使わない場所の例を紹介しつつ書いていきたいと思いますので参考にしてみてください。



ではいきなり紹介していきます。


・キッチンワークトップ部分
キッチン-コンセント

ミキサーなどの調理器具などを使う場合に非常に便利です。


・リビング収納の中

我が家は一番滞在する時間の長いリビングにモデムを置いています。

そこにモデムやハブを置くとゴチャゴチャした配線が見えなくてスッキリ収まります。

また、プリンターなどをしまっておくのも目立たなくていいかと思います。


・家事室収納の中

我が家では、キッチンと洗濯脱衣所とテラススペースの間に家事室を置いています。

家事室は、着替えを収納しておく衣裳部屋を兼ねていて、そこから洗濯物を干すテラスへ出られるようにしています。

また、室内干しをするスペースも設けてあるのでアイロンなどもその家事室で行います。

そこでアイロンやアイロン台の出し入れをなくすため収納の中にコンセントを設け収納棚をアイロン台にして使えるようにしてあります。


・フローリング部分

壁と電源を必要とする場所まで距離がある場合に埋め込みのコンセントがおすすめです。

コタツを置く場合には、コタツの配置を計算して近くにコンセントがあるとコタツのコード隠せます。

また、鍋やホットプレートを使う時にも便利ですね。


・テレビの裏側部分
TV-コンセント_2
過去記事の画像から(ホコリがすごい・・)・

通常、床面から20~30センチくらいのところに規則的に配置する場合が多いと思いますが、それだけでなくテレビを置く位置が決まっている場合は、床面から80~100センチくらいのところに設置するのもありだと思います。

そこに置くテレビ大きさにもよりますが、そうすることで大型のテレビであれば置き型にしても壁掛け型にしても配線が目立ちません。

可能な限り配線を隠したいですね。


・カウンター上

カウンターでは、パソコンやスマートフォンの充電などを行います。


これらの場所が付けてよかった点としてあげられます。

実際には、もっとほかに付けた方が便利というポイントがあるのかもしれませんが、我が家の場合にはこの程度です。




最近は家電が進化していて掃除機などもコードレスのもが主流になったりしています。

また掃き掃除や拭き掃除もほとんど全てをロボット掃除機などでカバーできるようになってきました。

我が家もそんな文明の力に甘えていますが、裏を返すと廊下や階段に設置したコンセントをほとんど使っていません。

計画当時は、「掃除機などが使えるように」と動線なども意識しながらコンセントを設置したわけですが掃除などの道具の進化によるものは考慮していませんでした・・・。

(特にルンバの存在とかは承知していましが、一般的な掃除機の主流がコードレスになるのがこんなに早いとは想定していませんでした。)

なのでほとんど使わないコンセントが多数ある状況です。

言い方を変えれば、想定外に必要がなかったということです。

また、バルコニースペースにも設置しましたが、ほとんど使わないため無駄な気がしています。

なのでその分をもっと居室などのスペースに配置するほうがよかったのかもしれません。

実際リビングには、8カ所23口のコンセントがありますが、もっとあっても困らない状況ようにも思います。



コンセントについてはこれが正しいというものでもありませんので、それぞれの生活スタイルにあった位置と数を考えながら計画していけると結果的に機能性に優れたものに近づけるのではないかと思います。


コンセントは単純でありながら奥の深いものだと常々感じています。

100%納得出来なくても、「ま、いっか!」と思えるくらいになれば十分ではないかと思いますのでコンセントを計画する際には完成後の生活を具体的にイメージしてみてください。

かなり余談ですが、もしかしたら遠くない将来、技術の進歩によってコンセントそのものが不要の時代がくるなんてこともあるかもしれません。

なんて無駄なことを考え出しています。(多分すぐには無いと思いますが・・)


では、よい家づくりを。


よろしければポチッとお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 タマホームへ
にほんブログ村


タマホーム(一戸建)ランキング



前回の記事はこちらからどうぞ。