いつもお読みいただきありがとうございます。

建築備忘録はお休みして、今回は建設業者や宅地建物取引業者(不動産屋)などを簡単に確認できる方法を紹介したいと思います。

参考までに前回記事の建築備忘録はこちらからどうぞ。


ということで早速その方法を解説したいと思います。

消費税の増税を控えてこれから家づくりという人は、どのメーカーがいいか悩みどころかもしれません。

そんなときすぐに情報の入る大手以外にも候補となる業者さんがいた場合に少しでも情報が欲しい時には、ちょっとした住所や許可の状況、本店や営業所の住所などの基礎情報を知る事で、その先の情報を知る手段にもなると思います。

調べ方としては単純にサイトを利用して調べる方法になりますが、その掲載業者数は充実していて

・建設業者
・宅地建物取引業者(不動産屋)
・マンション管理業者
・賃貸住宅管理会社
・測量業者
・建設コンサルタント
・補償コンサルタント
・地質調査業者


などの業者さんの情報が調べられます。

そのサイトは、国土交通省が扱う「建設業者・宅建業者等企業情報検索システム」です。
建設業者・宅建業者等企業情報検索システム1

タマホームを例に調べ方を解説しておきます。

1)建設業者・宅建業者等企業情報検索システムトップから「建設業者」をクリック!
 ※建設業者以外も同じ方法で検索できます。

2)①で「建設業者」、②で検索条件入力(ここでは「タマホーム」と入力)、③の[検索]をクリックします。
建設業者・宅建業者等企業情報検索システム_2

3)そうするとタマホームの検索ワードに一致する業者リストがでてきますので名前部分をクリックします。
建設業者・宅建業者等企業情報検索システム_3

そうすると以下のような情報がみられます。
建設業者・宅建業者等企業情報検索システム_4

そのほかにも赤枠の部分を選ぶと営業所なども見られます。
建設業者・宅建業者等企業情報検索システム_5


という感じでザックリし過ぎた説明になりましたが、あくまでデータベースに時間差がありますし、工事の規模によっては許可が不要なこともありますので使う場合には参考程度がいいと思います。

また、その他にも調べる方法があります。

あくまで一般住宅の場合にはほとんど気にしなくていい情報なので余談になりますが、

経営事項審査結果の公表」といって、同じような検索システムがあります。

こちらは、経営状況などが点数化されていて、公共事業の参加条件に使われたりするもので専門業の方向けの情報になりますので、審査を受けていない業者さんも沢山あります。


以上がほとんどの人が知らない建設業者や宅建業者などを確認する方法でした。


では、よい家づくりを。


タマホームの紹介制度はこちらから