タマホームでマイホームを建てた建築士が適当に家づくりの事を書くブログ

家づくりの参考になるようなちょっと違った視点から家づくりのことを書いていきます。

いつもお読みいただきありがとうございます。

今回は、屋内の給排水(床下)について書いていきたいと思います。

前回は、二階部分の給排水配管について書いています。


我が家の住む地域は、冬場厳しい寒さになる積雪寒冷地です。

なので当然にして通気を確保してある床下は、冬場過酷な寒さになります。

昼間の最高温度がマイナスの時もありますし、最低気温がマイナス10度くらいになることも・・・

なので、排水は問題ないとしても給水側の水道管の断熱(保温)処理は必須なのです。

我が家の床下の配管作業中の様子です。
DSC05245
寒冷地仕様で割り増し料金を払ってこのサヤ管に更に断熱処理をして、ヒーターを巻きます。

そうする青色と赤色の管がこんな感じになります。
DSC05431
一番奥の竪管が排水で、手間が給水管です。

が、この赤丸で囲った部分ですが、赤い管が見えています。(我が家の施工写真です。)

この隙間が寒冷地では凍結に繋がる致命傷になります。

なので隙間を発見した場合には、管に隙間がないように処置してもらうようにしましょう。(我が家も補修)

引き渡し後であれば、自分で隙間にタオルなどの布を巻いたりすれば大丈夫だと思いますが、可能であるならば発砲ウレタンのスプレーを吹き付けてあげれば処置としては完璧です。


こんな感じの作業風景を見たことありませんか。吹き付けるとフワフワっと膨らんでいくやつです。
t1
※画像はタマホームさんからお借りしました。

発砲ウレタンは、断熱材として使われるもので、スプレーだとお手頃に扱えてホームセンターなどでも入手可能です。

ちなみに我が家の壁の断熱材は建築当時、高性能グラスウールしか選択肢がありませんでしたが、現在は発砲ウレタンも選択できるようになっているみたいですね。

過去記事で断熱材について触れています。


ということで、話が少々脱線しましたが、我が家の施工状況でした。

寒冷地仕様にしたにもかかわらず冬場に凍結した経験がある方は、一度床下の配管の断熱に隙間が無いかをチェックしてみるのもいいかもしれません。

また、最近では、寒冷地ではない首都圏などでも普通にマイナスになって水道が凍結しているニュースなどをみかけます。

寒冷地仕様ではなくても配管部に断熱処理をオプションしておくのもありかもしれませんね。


では、よい家づくりを。

このエントリーをはてなブックマークに追加

いきなりですが、我が家の太陽光パネルの全景です。
DSC05170
建築備忘録でも詳細には触れていませんでしたが、我が家には3.1kw程度ですが、太陽光パネルを載せています。

マイホームの建築当時は、単価が良かったこともありますが、東日本大震災後の計画停電を経験したということもあり防災対策の意味も兼ねていました。

過去記事でも触れています。


ちなみにイニシャルコストは十分に回収できそうですが、固定価格で買い取ってもらえるのは、あと6年です。

その後の扱いをどうするかで、このパネルを活かせるかどうかの差がでるのかなぁと思っています。

現段階では、蓄電して自家消費するのが一番よさそうですが、あと6年あるので時間をかけて検討していきたいと思います。

パワーコンディショナーの交換やさらにはその先々には撤去のことなどもあるでしょうから要チェック事項だと思っています。

さて、今日の本題ですが、自身のメールアドレスにこんな見出しのメールが届いていました。

z4

みなし認定移行手続??

内容的はこんな感じです。
t1
何の話なのか、全然覚えていませんでしたが、再生可能エネルギー固定価格買取制度の改正法に伴って手続きをしなければならないことから、ちょうど1年程前に書類を作成して、再生可能エネルギー新制度移行手続代行センターというところに提出していたようです。

完全に忘れていました・・・。

当時の申請書です。
Screenshot_20181022-154058
でも無事に手続き出来たということですね。

こういった書類は、また数年後に制度が変わって必要になったりするかもしれないので、しっかりとファイリングしておいています。

特に前述した10年経過後の手続きなどにもかかわってきそうです。

全然、このあたりの制度には詳しくないのでしっかりと調べていきたいと思います。


では、よい家づくりを。
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ